FC2ブログ
2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.18 (Sat)

Joint Concert 2012 The World Voice ~世界の生命~

甲南大学グリークラブHPをご覧頂いている皆様、大変ご無沙汰しております。

ブログの更新を停滞させてしまい、更新を心待ちにしていただいている皆様に大変ご迷惑をお掛けしました。この場を借りまして、深くお詫び申し上げます。

それでは、去る7月7日に行われました、「Joint Concert 2012~The World Voice~ 世界の生命」の演奏会についてご報告していきたいと思います。

毎年のことですが、1年生にとっては初めての大舞台。緊張もしたし、一方で楽しく歌えたという人もいることでしょう。この演奏会の反省点を生かして次回の演奏会に貢献してもらいたいものですね。

今回の客演指揮は甲南大学グリークラブOBであり、我々の部の常任指揮者でもある西牧潤先生に指揮を振っていただきました。

写真は単独ステージのリハーサルの模様です。

ジョイントリハーサル 単独編

単独ステージでは近代宗教曲集として3曲演奏させていただきました。

次回の演奏会では、少し曲数が増えます。

今回のメインは「世界の合唱曲」ということで世界各国の音楽を導入し演奏いたしました。

そのボリュームは多く、大変でした。一年生にとってはあまり聞き慣れない言語が多かったと思います。勿論、一年生だけでなく、上級生にも言えることですね。

例えば、スウェーデン語、ノルウェー語、アイヌ語等々…。

でも、これは素晴らしいことであって日本語を主言語としている我々日本人は必修言語として英語を学びます。大学では与えられている第二外国語からひとつ選択して学ぶ機会を与えられます。

それを考えたら、合唱を通じて未知なる言語を学べるのは本当に価値のあることだと私は思いました。

次回の演奏会は12月23日(日)の「甲南大学グリークラブ第60回記念リサイタル」となります。

今回は60回記念ということもあり、すごく素晴らしい演奏会を企画しております。

日程は12月23日(日)です。大事なことなので二回行っておきました。

この度は「Joint Concert 2012~The World Voice~ 世界の生命」にご来場いただき、誠にありがとうございました。

次回の更新は合宿後を予定しております。
スポンサーサイト
20:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。