FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.09.16 (Sun)

甲南グリー夏合宿

皆様、こんにちは。9月に入り、甲南大学の講義が17日から再開します。それに伴って、前期の成績表が返ってきている頃でもあります。

一年生にとっては大学生活初めての成績表なわけですが、結果それぞれあると思います。大学生なので、部活に一生懸命になったり、たまに思いっきり遊んだりもいいとは思います。

しかし、

「学生の本業は勉強すること」

ということを常日頃から意識してもらいたいものです。少し現実的なことを述べてしまいましたが、今回はそのようなことがメインテーマではなく、少し前に行われた甲南大学グリークラブ恒例の夏合宿について振り返ってみたいと思います。

今年は12月23日に行われる甲南大学グリークラブ第60回記念リサイタルに向けての強化練習として8月28日~9月1日までの5日間を神戸の奥地にある甲南大学教育環境野外施設で行いました。


練習内容としては………………

1、学生指揮者ステージ練習
2、同副指揮者ステージ練習
3、技術顧問・常任指揮者ステージ練習
+α

といった感じです。

合宿ではこれから始めるという曲が8割を占めます。ですので、パート練習→アンサンブル練習の繰り返しを一日で4セットします。ここでの練習も教室を使いますが、周りは山なため自然の中での練習をするわけですね。


下の写真は学生副指揮者による練習風景です。

P1050604-s.jpg

また、練習以外については晩御飯については「自炊」です。いずれの日のレシピも胃が満足させられる物であったと思います。予め料理班を編成して料理を作ったわけですが、雑談しながらの調理も楽しかったようです。

4日目は恒例のカルテット大会を行いました。OBの方々も来られました。今回のカルテット編成は1年生、2・3年生、4年生という3チームで行いました。2・3年は人数の都合上でこのようになりました。

1年生は「君をのせて」「いざ起て戦人よ」
2・3年生は「彼女は花咲く中を行く」「So much in love」
4年生は「Fly me to the moon」「This Little Light of Mine」

をそれぞれ演奏しました。3年の私から申しますと、1年生は短い練習期間でよく頑張ったと思います。この調子で定期演奏会でも実力を発揮できれば、12月は大成功になるでしょう。4年生の演奏は先輩方の演奏からしっかり合唱スキルを磨いて次に生かせたらと思えるような演奏を披露されました。(書いてることが自分でも意味不明です)

カルテット大会後は、みんなで楽しい懇親会をしました。とにかく、食べ物・飲み物を出して色々お話したり、遊んだり、罰ゲームしたり…。とにかく、笑いの絶えない懇親会になりました。


甲南大学グリークラブの楽しいBUT練習する時はしっかり練習する我々の合宿の一部分を伝えられたと思います。


カルテット大会の終わりに、一年生から一人ずつこの合宿についてコメントを貰ったところ…
「あっという間で、楽しかったです」というコメントが多数を占めて、上級生としては非常に嬉しいコメントをいただきました。この「楽しさ」を忘れずに毎日の日々を過ごしてもらいたいとこちら側としては思っております。



次回演奏会の予告(9月16日判明分)をお知らせします。

☆甲南大学グリークラブ第60回記念リサイタル
日程:2012年12月23日(日・祝)
演奏会会場:伊丹アイフォニックホール
開場・開演:いずれも未定
指揮者:松原千振・西牧潤・小峯翔太・服部裕太
賛助出演:甲南大学グリークラブOB会甲陵会合唱団

以上です。今年は60回目の定期演奏会ですので、素晴らしい曲の数々をご用意しております。只今、猛練習中です。Christmas-Eve Eveに我々の演奏を聴きにお越しになってみませんか?

きっと心に残る演奏会になることでしょう。我々一同多数の御来場をお待ちしております。
演奏曲目・時間等詳しい情報はわかり次第お伝えしていく予定ですので、しばらくの間お待ちください。

お読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



23:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■学生の本分は勉強

こんにちは、40何年か前のobです。20才の頃は一部の特異体質の者を除けば勉学にふさわしい時ではありません。優を沢山揃えてもどうでしょうか?4年間を完全燃焼して下さい。グリークラブの部員数は時代の波があると思いますが貴殿方のすることは今を完全燃焼させ次にバトンを繋ぐことと思います。必要以上に力まず、楽しい学生生活を送って下さい。
山田太郎 |  2013.11.20(水) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konanglee.blog8.fc2.com/tb.php/75-38bbe48c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |